幹細胞エステの施術内容

エステサロンが、幹細胞エステの施術を施すときには、徹底して厳しく検査を行った上で選ばれたドナーから取り出した人幹細胞培養液を使っています。その培養液には、EGFや、FGFなど五百種類以上にも及ぶ成長因子が凝縮された状態で含まれています。

ですので、しみや、シワ、たるみ、くすみ、ニキビなどといった、お肌の様々なトラブルに対応することができるということも、この施術の魅力の一つになります。フェイシャルエステの施術の一環として、この培養液を取り入れることは、お肌の若返りを皮膚医学的に達成させるという美容先進国の新進気鋭の美容技術になります。施術の流れとしては、まず、カウンセリングでは、カウンセラーが施術を受ける方に幹細胞についての詳しく説明を行います。

そして、EGFやFGFなどといった成長因子が含まれているだけでなく抗糖化の効果を得ることも期待できる化粧品を使って、洗顔や、クレンジングを行うサロンもあります。お肌の老化を招く活性酸素を蓄積させない、抗酸化作用があるスキンケア商品が注目されていますが、近頃は糖化が原因の老化を防止する抗糖化作用がある成分が配合されているスキンケア商品も注目されています。

この後、人幹細胞培養液をお肌に塗布し、エレクトロポレーションなどを利用したり、マッサージを施したり、培養液を浸したコットンでパックをしたりして、さらに、お肌の奥にある組織にまで浸透させていく施術を施してくれるエステサロンも少なくありません。